TOP
 
乗馬の費用
乗馬の費用っていくらくらい?
 
乗馬の上達モデル
どのくらい乗れば、どのくらい出来るの?
 
乗馬の消費カロリー
乗馬のカロリー消費ってどのくらい?
 
乗馬用語集
難解な言葉の意味は?
 
えくすの馬川柳
お笑い乗馬ワールド
 
外乗の楽しみ
海、山、草原を駆け抜けよう!
 
モンゴル乗馬旅行記
モンゴル大草原で馬三昧
 
Profile
 

乗馬用語集

あいぶ【愛撫】
馬の首などを軽く叩いて感謝の気持ちを伝えること。レッスンを終え、下馬するときなどに行う。

あせこき【汗こき】
馬体の汗や水分を取り除く手入れ道具。金属製と樹脂製がある。

あぶみ【鐙】
鞍についている、足を乗せる部分。自転車に喩えるとペダル。

あぶみあげ【鐙上げ】
鐙を履かずに、足をぶらんと下げたままで馬に乗ること。初心者がやると、バタバタして危なっかしいが、上級者がやると、鞍と一体化して見える。

うらほり【裏掘り】
蹄の裏にたまっている土などを掻き出すこと。あるいは、そのときに使う金属製の道具のこと。道具はてっぴともいう。

がいほう【外方】
馬場の中で運動しているときの、外側のこと。外方手綱、外方脚などと用いる。

きゃく【脚】
騎乗者の膝から下の部分。これで馬に指示を出す。そのことを「脚を使う」と言う。

ぐうかく【隅角】
馬場の角、蹄跡(ていせき)の曲がリ角の部分。ショートカットしても、直角に窮屈に曲がってもいけない。

くらすう【鞍数】
馬に乗った回数のこと。一般的には1鞍45分程度だが、1回に90分乗ったからといっても、2鞍にはならない。騎乗経験を計る材料になる。

けいはやあし【軽速歩】
速歩の馬の代表的な乗り方で、立つ、座るを繰り返すことで、馬にも騎乗者にも楽に乗れる乗り方。

ぜっこ【舌鼓】
扶助の一種で、舌でチッチッチと鳴らすこと。乗馬をする人は、日常生活でもつい鳴らしてしまう。

せんつう【疝痛】
腹痛のこと。

ちょうばさく【調馬索】
馬の頭絡につなげた長い紐で、馬の運動や、初心者のレッスンに用いる。

てっぴ【鉄爪】
裏掘りに使う金属製の道具。

とうらく【頭絡】
馬の頭に装着する馬具。これに銜(はみ)と手綱をつけて馬をコントロールする。

ないほう【内方】
馬場の中で運動しているときの、内側のこと。

ななめにてまえをかえ【斜めに手前を変え】
長方形の馬場の対角線を通ることで、馬の運動の回り方を変えること。軽速歩なら、立つ、座る、座る、立つと、2回座って手前を合わせる。

はくしゃ【拍車】
馬を動かす時に使う金属製の道具で、長靴につけて用いる。脚の効果が出やすくなるが、下手にあたりっぱなしだと危険が伴う。

はみ【銜】
馬の口の中に入れる金属性の馬具。実にさまざまな種類があり、用途によって使い分ける。

ふじょ【扶助】
騎乗者が騎乗中、馬に対して指示をするときに用いる合図のこと。主に脚を使うものが中心だが、鞭や舌鼓で合図することも含まれる。扶助が弱いと、馬は指示に従わない。

ほど【歩度】
馬の歩幅のこと。

ほどをつめる【歩度を詰める】
馬の歩幅を縮めること。初心者は歩度を詰めようとして、歩様を変えてしまうことが多い。

ほどをのばす【歩度を伸ばす】
馬の歩幅を伸ばすこと。

ほよう【歩様】
馬の歩き方、走り方の種類。常歩(なみあし、Walk)、速歩(はやあし、Trot)、駆歩(かけあし、Canter)、襲歩(しゅうほ、Gallop)がある。

まえかき【前掻き】
馬が前肢で地面を掻く仕草。空腹時や気に入らないことがあるときにすることが多い。

まきのり【巻き乗り】
直進の途中で、ある程度の大きさの輪を描く図形の一種。

むくち【無口】
銜(はみ)のついていない頭絡の一種。馬を引いて連れ歩いたり、繋いで手入れなどをするときに装着する。

むち【鞭】
馬を動かすときに使う道具。一般的に用いる短鞭(たんべん)のほか、長鞭(ちょうべん)、追い鞭(おいむち)などがある。使い方としては、初心者のうちは見せ鞭(鞭を持っていることを見せるだけ)と、肩鞭(肩に鞭を入れる)程度。競馬の騎手のように尻鞭を入れるようになるのは、障害を始めるころから。

わのり【輪乗り】
巻き乗りより大きく円形に運動させること。