TOP
 
乗馬の費用
乗馬の費用っていくらくらい?
 
乗馬の上達モデル
どのくらい乗れば、どのくらい出来るの?
 
乗馬の消費カロリー
乗馬のカロリー消費ってどのくらい?
 
乗馬用語集
難解な言葉の意味は?
 
えくすの馬川柳
お笑い乗馬ワールド
 
外乗の楽しみ
海、山、草原を駆け抜けよう!
 
モンゴル乗馬旅行記
モンゴル大草原で馬三昧
 
Profile
 
乗馬は乗っているだけのように見えて意外と運動量が多く、ダイエットにもおすすめです。乗馬の消費カロリーなどについて、ご説明します。

乗馬の消費カロリー

ある調査によると、乗馬や他のスポーツ10分あたりのの消費カロリーは下表のようになっているそうです。

種目名  消費カロリー  グラフ表示
水泳(クロール) 145kcal
筋肉トレーニング 72kcal
テニス 59kcal
ウォーターエクササイズ 55kcal
ボウリング 50kcal
乗馬 46kcal
エアロビクス 42kcal
ウォーキング 40kcal
ラジオ体操 38kcal
サイクリング 37kcal
エアロバイク 35kcal
ゴルフ 34kcal
サウナ 31kcal
ストレッチ 21kcal
ハイキング 11kcal

意外に感じられる方も多いかも知れませんが、このように乗馬は結構ハードです。1鞍45分乗るだけで、約200kcalの全身の有酸素運動になり、汗をびっしょりかくこと必至です。また、慣れるまで、乗った翌日は内股と腕に筋肉痛が残ります。この他、腹筋、背筋も鍛えられます。

しかし、乗っている間は、馬の上にいるという緊張感と落ちないようにという意識のためか、それほど疲れを感じません。また、息があがるほどの急激な運動でもありません。そういった意味でも、ダイエットにも適していると言えるでしょう。

このことに注目されて、乗馬フィットネス機器が発売されるほどです。メーカーの報告によると、乗馬運動をすることで、基礎代謝まで向上するそうです。

乗馬フィットネス機器 ジョーバ
乗馬フィットネス機器
ジョーバ
いろんなコースが選べる最高級機種
乗馬フィットネス機器 ロデオボーイ
乗馬フィットネス機器
ロデオボーイ
低価格で乗馬運動が可能