TOP
 
乗馬の費用
乗馬の費用っていくらくらい?
 
乗馬の上達モデル
どのくらい乗れば、どのくらい出来るの?
 
乗馬の消費カロリー
乗馬のカロリー消費ってどのくらい?
 
乗馬用語集
難解な言葉の意味は?
 
えくすの馬川柳
お笑い乗馬ワールド
 
外乗の楽しみ
海、山、草原を駆け抜けよう!
 
モンゴル乗馬旅行記
モンゴル大草原で馬三昧
 
Profile
 

モンゴルの2日目

前日の晩に見た星の美しさは、とても素晴らしいものでした。天の川が本当に Milky Way に見えるのです。流れ星をあれだけたくさん見たのもはじめてです。この星を見ただけでも、モンゴルに来てよかったと思ったものです。

私のパートナーの”アズラガ”

さて2日目になると、私の乗るアズラガの性格というのがずいぶんとわかってきました。前の方にいると、首を下げたり、後ろにターンしたりするので、できる限り後ろの方にいるようにしました。初心者の人が中心ですから、後ろの方といえば常歩でポクポク組とおもいきや、皆さん結構スピード出しているのです。初めて乗ったのにもう駆歩を出している人もいました。

昼の休憩直前に、かなり長い平坦な直線があり、そこで後方から駆歩で駆け抜けることにしました。ちょうどそばにいっしょに参加したHさんさんもいたので、2頭合わせるようなかたちで、チョーチョー言って飛ばしてみました。ところが、またも左足の鐙の様子が変です。「あ、またや」との声とともに馬を止めて鐙を確認して見ると、前日と同じ様に鐙が鐙革から外れていました。

牧民が来るのを待ち、行きたがるアズラガを抑えつつ直してもらいました。その間に馬群ははるか前方に。牧民が手を放し、私が再騎乗した瞬間から「俺の群れに追いつくんじゃー」とばかりに、えげつないスピードですっ飛んできました。うーん、気持ちよかった。

川のほとりで水遊びをし、昼食をとったあとに羊の解体がありました。モンゴルでは殺すとか解体するとか言わずに、「露わにする」と言うそうで、大地に血を流すことなく実にうまく露わにします。私もちょっとだけ挑戦させてもらいました。牧民があんなに簡単そうにめくっている皮がかなりの力を入れないとめくれません。

解体が終わると、この日の宿営地に向けて出発しました。ところが、虫の居所が悪いのか、疲れてきたのか、私の馬は全く走ってくれません。次第に喉も渇いてきて、チョーチョー言うことさえも苦しくなってきました。走ってくれないと、気分的にも力が抜けてきます。「チョーッ、チョーッ、チョー、ちょー、ちょう」なんて具合で、最後の「ちょう」は半分「ちょう(関西弁?でちょっとの意)、頼むで」という気持ちが入っていました。

宿営地についてからも、希望者だけの1時間コースが組まれたのですが、ここでも全く走ってくれず、1時間コースに参加したことを後悔することしきり。

この日の気分は最悪で、半ば投げやりになっていました。やりの代わりにシュラフや銀マットをテントに投げ込んだので、テントの中は私の荷物が散乱。「鞭を持っていないのが原因に違いない」そう思った私は、翌日は動物虐待モードに入ることを決心し、眠りに・・・つく前にみんなでわいわい騒ぎました。