TOP
 
乗馬の費用
乗馬の費用っていくらくらい?
 
乗馬の上達モデル
どのくらい乗れば、どのくらい出来るの?
 
乗馬の消費カロリー
乗馬のカロリー消費ってどのくらい?
 
乗馬用語集
難解な言葉の意味は?
 
えくすの馬川柳
お笑い乗馬ワールド
 
外乗の楽しみ
海、山、草原を駆け抜けよう!
 
モンゴル乗馬旅行記
モンゴル大草原で馬三昧
 
Profile
 

乗馬にかかる費用

乗馬にかかる費用は、道具に関する費用と、会費等騎乗に関する費用に大別できます。財団法人余暇開発センターの「レジャー白書2000」によると、

年間平均活動回数  3.4回
年間平均費用 用具等 15.7千円
会費等 40.2千円
合 計 55.9千円
1回当りの費用  16.4千円

となっていますが、これは体験乗馬的に1回乗っただけの人のデータが影響を与えていると思われ、感覚的に違和感があります。

道具に関する費用

乗馬において、個人が用意する道具には一般的に次のようなものがあります。(乗馬クラブの方針で若干異なります)初心者は一番安いものでも問題ありません。

ヘルメット 5,000円〜20,000円
落馬などの際に頭を保護するために必要なもので、表面にベルベット風の生地が使われているおしゃれなものと、サイクリング用とよく似た樹脂製のものの2通りがあります。前者を使う人の方が多く、また安いです。また、ヘルメットにはチンハーネスなどといわれるベルトも必要です。(最初からくっついているタイプもあります。)

キュロット 15,000円〜30,000円
乗馬ズボンとも言われます。伸縮性がよく、足にフィットします。また、鞍と擦れる部分には補強がしてあります。これが、意外と高価です。

手袋 1,500円〜5,000円
体験乗馬は軍手で乗りますが、本格的に始めるには軍手は分厚く滑りやすいので、適しません。革や合成皮革の手袋を用います。手袋は手綱と接するので、破れやすく、消耗品と捉える必要があります。

Click Here!
ライディングキャップ 
ゴムひもタイプから、ベルト付きのものまで
Click Here!
乗馬ズボン
伸縮性バツグンで身体にフィットするリブ地に騎座革付き
Click Here!
乗馬用グローブ
手綱としっかりとコンタクト

ブーツ 8,000円〜150,000円
一般的なのはエクイヤともいう外側がゴム張りで、内側が革張りの長靴です。ぶかぶかでは馬とのコンタクトが取れないので、履いたり脱いだりが大変なほどぴったりのものを使います。メジャーなフランスAIGLE社製エクイヤは15,000円〜20,000円です。長靴ではなく、ジョッパーブーツという短めの靴に、ハーフチャップス(スパッツ)というものをふくらはぎに巻きつける方法もあります。上級者は本革製のオーダーメイドのブーツを好みます。めちゃめちゃ高いです。

Click Here!
ライディングブーツ
ゴムが軟らかく、甲が広めの形なので気持ちの良い履き心地!
Click Here!

ジョッパーブーツ
リーズナブルなゴム製ジョッパーブーツ
Click Here!
チャップス
丈夫なスエード製が中心

鞭 1,000円〜5,000円
超初心者の間は持ちませんが、すぐに持つようになります。(ただ、鞭を入れるまでは、また時間が必要です。)鞭には短鞭と長鞭がありますが、普通は短鞭を持ちます。

拍車 2,000円〜10,000円
靴に取り付ける金属製のもので、扶助をはっきりと伝えるための補助道具です。一般的には、駆歩を始めてから用意するものです。なくても、なんとかなります。

Click Here!
短鞭

通常使うのはこちらです
Click Here!
長鞭

主に調教時に使用
Click Here!
拍車

拍車を使って馬をコントロール

基本的に必要なのはこれだけです。安いものを選べば、40,000円以下で最低限必要なものは揃います。乗馬クラブでも買うことは出来ますが、楽天に出品しているショップやネットオークションを活用すると、より安く入手できるでしょう。